社員研修には様々な目的があります

実務的な要素ももちろんあります

社員研修の目的の一つは、職場に配置されてからスムーズに業務に取りかかれるようにする点があります。もちろん実際に仕事をしてみないとわからない部分や、予期しないトラブルがあるのが普通ですが、基本的な仕事のやり方を事前に知っておくことは大切です。挨拶や電話対応、身だしなみなど当たり前に思えるようなこともありますが、研修で改めて意識を高くさせるのが狙いです。また、会社の方針を理解させて、社会人としての自覚を持たせて、よりよい社員にするという意図もあります。また法律的な要素が強い職種だと、研修で特に重要な法律などについて復習する場合もあるでしょう。また役所など税金を使う仕事の場合は倫理観について教える場合もあります。

コミュニケーション能力を高める狙いもあります

社員研修のもう一つの大きな役割は、人と関わりをもつことでコミュニケーション能力を高めることです。特に、サービス業や接客業に関しては、対人対応は非常に重要な部分です。営業にしても、同じ商品をプレゼンするにしても、相手に良い印象を与えることで、相手が取引先を迷っている場合の決め手になる場合もあるでしょう。また、研修を通じて横のつながりを持たせて、今後の仕事に役立てる狙いもあります。その他にも、泊りがけの研修などの場合は、自己主張するだけでなく協調性を養うと言う部分もあるでしょう。一方では、同期となる社員とのライバル意識を高めさせて、それぞれの個人の能力を発揮させるようにしたいという意図もあります。