社員研修のある企業を選ぼう

社員研修は必須と言える

どんな小さな企業でも、今の時代は社員研修があるものです。逆に、これがない企業はあまり良い企業とは言えません。と言うのも、誰もが最初は新人だからです。その職種によっても仕事は内容は違いますが、同業でも他社に転職をすれば、当然、仕事内容は違ってきます。
通常、新卒採用には社員研修を行うものです。4月に入社し、6月いっぱいくらいまでの3ヵ月間、研修生となることもあります。この期間は企業によって違っています。企業によっては最初からすぐに正社員として働いてもらうために、3月頃の入社前に社員研修を行うこともあるものです。
いずれにしても、しっかりと教育してもらうことによって、正社員としてスムーズに働けるようになります。

研修中でも気を抜かない

社員研修中は見習いという意識を持ちます。しかし、正社員と同じお給料を貰うこともあります。そのため、気を抜かずにしっかり学習しなくてはなりません。後で訊きたくなっても訊けないことがあります。不明点はこの期間中に訊いておくべきです。
通常、基礎から学べるようになっています。例えば、出版社の場合、出版までのプロセスを学んでいきます。書籍や雑誌が書店に並ぶまでは印刷会社、取次などが関わってくるため、この一連の流れも学習していきます。
後は基本的な社会人マナーも学習します。女性の場合、来客にお茶を出すこともあるので、お茶の出し方などの接客法を教えてもらいます。男性は営業で他社を訪れる場合があるため、名刺交換の仕方を学びます。