定期的な社員研修が大切です

知識を上手に使えていますか

社員教育は新入社員からベテラン社員までさまざまな世代、等級において定期的に行うことが大切です。はじめにターゲットを明確にすることで社員教育の意義が見えてきます。人により能力に差がある場合には住み分けをしっかり行うことが大切です。また、知識を習得する研修と、得た知識を相手に伝える研修が必要です。知識の植え込みだけでは上手に生かすことができない場合もあり、社員研修としては物足らなさを感じます。特に新入社員の場合、社会に出て間もないため思い切って自分を表現できない人や言い回しに慣れていない場合もあり、一方的に話を聞くにとどまらず参加型の研修が良いでしょう。ロールプレイングなど実際に声に出して初めて使える知識になります。

覚えた知識を忘れていませんか

社員研修に力を注ぐあまり、長時間の研修が開催される場合があります。知識の植え込みには効果的な時間があります。集中力が途切れる程の長期に渡る拘束は逆効果です。開催時間を朝一番にしたり、テーマごとに区切りをつける事で知識を整理することができます。また、適度な緊張感も大切です。時には発言の機会を与え、自分なりの考え方を話す力や、参加者と成功例を共有させるためにも相手に発言させる機会を与える事は有効な方法です。ベテラン社員においては知識も充分と満足させることなく、忘れていた知識の掘り起こしをするためにも定期的に基礎研修に参加させるのも良いでしょう。常時切磋琢磨し、モチベーションを引き上げていくことが社員研修の重要な目的といえます。